海老名駅前は飲食店が豊富

海老名というと、箱根や御殿場方面にドライブに向かう際、都心の長い渋滞を抜けようやく東名高速に入り、トイレや休息に利用するのサービスエリアというイメージが強く、正直サービスエリアでの利用以外ではこの地域に降り立ったことがなく、そのイメージが掴みにくい。
しかし、海老名市の人口の流入を調べて見ると、1940年には人口44、492人だった人口が2010年には、127,720人とおよそ三倍の人口が増えており、これをみると東京や横浜を中心とした都市のベットタウンとしての街の形成が伺える。
従って、産業の中心は農業やリコー、雪印などの一部の工場がみられるが、その多くはJRや相模線、小田急線を利用しての都心や横浜に通うサラリーマンが中心と見られる。
駅を中心とした商店地は、大型店舗や映画館などの施設も充実しているが、同時に市内には多くの田園地帯を抱えていて伝統的な農業緑地と都市住宅が共存している市である。
従ってここでのアルバイト探しは、駅を中心とした商用地にある程度的が絞られる。
駅から少し離れれば、建設会社の作業員やドライバーなどの職種もあるが、アルバイトとして限られた時間を有効に活用するには、やはり駅中心の飲食店関係や大型店舗の販売員などサービス業を狙うのが賢明といえる。
海老名駅からひとつ隣の厚木駅・本厚木もあるが、駅前の商店地は海老名の方が栄えていて、カフェ・ファミレス・寿司屋など、飲食店求人募集の数も海老名駅周辺の方がずっと多いのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です