学生の街で日本人らしく働く

私は八王子の大学に通う学生で、この八王子でアルバイトをしています。八王子には大学・短大がたくさんあるので、若い人口が比較的多く、それに伴う受給もあるということで私の働く回転寿司もそんな中の一つです。回転寿司はたいてい大手のものが多く「安くて旨い」を実現したチェーン店が軒並みを連ねています。
お客様も学生さんからファミリー層まで幅広く、ランチや夕食時には満席になるほど忙しくなります。寿司は日本人が好きな食事の上位にランクインしているだけありますね。また、私が働く回転寿司店では時給が800円からスタートし、夜の11時までシフトに入ると1,000円近くなるので、お金が欲しい大学生には人気のアルバイトです。
統計によると飲食店、サービス業関係に従事する人口は全体の半数に上るとか。ただ、私のように飲食店業で働く者はいいのですが、駅の周りの大型店舗・郊外型大規模店やアウトレットパークのせいで地元の小売業者の方は苦労されているみたいです。そういうところでアルバイトしていて経営が芳しくないからとクビになった友人もいます。また、多摩ニュータウンのように高齢化が激しい地域もあるようです。学校の周りを見て若くていい街だな、と判断するのは早計かと思いました。つまり、流動する学生のような人口は若いけれど、地元密着で住んでいらっしゃる方がそうでもないということです。ファミレスやバーガーショップなどの客層は若年層だが、寿司屋の客層は、若者から年配層まで幅広い。やはり寿司は日本のソウルフードということなのですね。日本を代表する素晴らしい仕事だと思いながら日々働いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です